Sashimi

Yakiniku

Windowsの時刻をhttpsを用いて同期させる

ここらへんを参考にする
日本標準時プロジェクト https/http を介してアクセスされる場合
HTTP経由でのNTP時刻合わせ(PowerShell利用) - Qiita
カレントディレクトリをバッチファイルのディレクトリにする - 強火で進め
バッチファイルから PowerShell を呼び出す方法 - Qiita

PowerShellスクリプトをset_time.ps1として保存し,同ディレクトリにrun.batを以下の内容で作成する

cd /d %~dp0
powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted .\set_time.ps1
Pause

run.batのショートカットを作成しプロパティの管理者権限で実行にチェックを入れたらおわり



わざわざこんなことしなくてもシステム起動時にhttpsで自動同期してくれるフリーソフトがあるのでこっち使いましょう
パソコンの時計をあわせるフリーソフト「舞時計」